• HOME
  • >
  • リースについて

リースについて

リースとは

リースは一般の賃貸借やレンタル等のように、すでにリース会社が持っているものからお客様が選んで借りるのではなく、お客様が選んだものをリース会社がお客様に代わって購入し、貸与するものです。
お客様がリース期間中に支払うリース料で、物件の購入代金、金利、固定資産税、損害保険料などのコストを実質的にお客様にご負担いただきます。

リース契約によるメリット

  • 初期費用をかけずに導入できる
    • リースなら毎月一定のリース料のお支払いで済むので、設備導入時に多額の資金を調達する必要がありません。
    • 購入による資金の固定化を防ぎ運転資金を留保できます。
  • 月々の経費として処理できる
    • 月々のリース料は、税務上認められたリース期間であれば、全額経費として処理できます。
    • また、法定耐用年数より短い期間でリース期間を設定できるため、償却期間を短縮することが可能となります。税金面で有利なばかりでなく固定資産に計上されませんので財務比率を悪化させません。
    • 設備にかかる固定資産税の深刻・納付や減価償却の計算など、管理事務は全てリース会社で行うので、管理事務負担を軽減できます。
  • 資金の効率的運用が図れる
    • 毎月のリース料支払いだけで済むため、機械設備の購入による資金の固定化が避けられ、その資金を有効に運用して利益をあげることができます。
    • また、リースによる設備導入は融資と同等の効果が得られるので、金融機関からの借入枠を温存できます。
  • リース期間中、リース料は原則固定なので、金利の変動リスクを回避できる
    • 例えば、リース期間中に金利が上昇した場合でも月々のリース料はリース開始時から変化しません。
  • 最新設備を利用できる
    • 経済耐用年数にあわせてリース期間を設定することで、タイムリーに最新鋭の設備をご利用でき、技術革新に迅速に対応できます。
    • また、空調機器や照明などを省エネ性が高い最新機種にリニューアルすることで、月々の電気代を大幅に削減することができます。その場合、電気代の削減分で実質的な負担は少なくなります。

リース契約の流れ

物件の決定

見積書の提示

リースの申し込み・審査

リース契約締結

物件発注

お客様の希望する物件をリース会社が購入

物件納入

リース開始(リース料支払い)

現金払い・ローン(クレジット)・リース比較表

  現金払い ローン(クレジット) リース
所有権 お客様 お客様(支払い完済後) リース会社
初期投資不要での導入 ×
契約期間 - 1~10年
(エアコン、防犯カメラは7年まで)
9年
(法定耐用年数の6~70%)
減価償却期間 15年
(修繕費の場合は一括損金)
15年
(修繕費の場合は一括損金)
9年
(法定耐用年数の6~70%)
銀行借入枠の温存 ×
金利の変動 - あり なし
残金一括払い - ×
契約終了後 - お客様の資産 再リース、新機器による新規リース、返却
中途解約 - 原則不可 原則不可
管理事務 ※1 お客様 お客様 リース会社
動産総合保険 ※2 - -

※1 減価償却、固定資産税の申告や納付等の事務手続き。
※2 破損・火災・水没・盗難・落雷等の偶発的な事故で破損した場合保険料が支払われます。
取付工事・地震・津波・噴火・戦争・公権力行使による損害・自然による消耗、変質、虫食い・商品自体の瑕疵・電気的機械的事故・故意・ 重大な過失は対象外となります。
又、再リース期間は付保されません